心理をうまく突いた圧着ハガキなら

最近、顧客に対するダイレクトメールでのお知らせに圧着ハガキが使われることが多くなりました。たくさんの情報をハガキの中に詰め込むことが可能な点や、写真を使ってわかりやすく情報を伝えることができるなど、メリットが多くあるからです。受け取る側にしても、封書でどっさりと送られてくると開封に手間を感じることがありますが、圧着ハガキは圧迫感がない上に開封にほとんど手間がかかりません。むしろ、めくって開くことに楽しみや期待感を無意識にでも感じている人が大多数なのではないかと思われます。見えなくしてあるところを見たいという欲求は、人間が本能的に備えているもので、その点を上手く利用して作った宣伝のためのハガキが、この圧着ハガキと言えるでしょう。めくる楽しみ、見る楽しみがあれば、売上に結びつく可能性も高まります。

圧着ハガキで関心を掴む方法なら

企業が宣伝活動に利用してきた物の中に、ダイレクトメールがあります。かつては、たくさんの情報は封書で、限られた情報ならハガキでといった具合に使い分けていましたが、最近はたくさんの情報もハガキで送るようになってきました。企業にとっては経費削減に大いに役立っているところですが、それを可能にしたのが圧着ハガキです。くっついて届けられてくるハガキで、受け取ったお客さんが自らめくって情報を見ていきます。このハガキには、企業にとっては経費が削減できるというメリットがあるのはもちろんですが、受け取る側にもあるのが特徴です。人には、隠されたところを見てみたいという心理が働きますので、圧着された中に何が書かれているのか知りたいと思ってしまいます。そこからどんな情報が出て来るのかと思わせることできた時点で、企業としてはお客さんの心をこちらに向けるのに成功したと言えます。

めくる楽しみを与えてくれる圧着ハガキなら

買物をした先からダイレクトメールが届くことはよくありますが、中には大量の紙を使い、たくさんの広告物を送り届けてくるところがあります。開封するのも面倒ですし、一枚一枚見ていくのも大変です。たくさんあればあるほど見る意欲をなくしてしまうという、宣伝したい側からすれば正反対の効果を与えているのが、どっさり届くダイレクトメールと言えるでしょう。その点、圧着ハガキは一枚のハガキが手元にあるだけで、全くかさばることはありません。めくるところが一か所だけでなく、数か所あるものもありますが、たとえ数か所めくる必要があるとしても、それほど面倒だと思わないところが、このハガキの優れたところです。これは、人間には隠されたところを開いてみたいという欲求があるため、めくっていくことそのものが楽しみに感じられるからです。