圧着ハガキのメリットを考えてみる

圧着ハガキというのは、用紙を何度か折りたたんで、専用の糊やニス等を使って接着したハガキのことを言います。結構、このハガキを目にする機会は多いです。例えば、公共料金の通知書が郵便ポストに届きますが、これがまさに圧着ハガキであります。では、どうして公共料金の通知書は一般的なハガキで郵送しないのかですが、これは個人情報を盗み見られるという危険性があるためです。圧着ハガキは、そのままの状態ではハガキの中身を見られる危険性がないため、個人情報を保護できるというメリットがあるため、公共料金の通知書には最適であるというわけであります。また、こうしたハガキには他のメリットもあります。それは、一般的はハガキよりも書き込める情報量が多いことです。一般的なハガキよりも2倍から3倍ほどの情報量を書き込めるため、送り主宛に伝えておきたいメッセージを多い場合にはメリットです。

圧着ハガキをダイレクトメールに利用する

圧着ハガキとは、特別なのりによって面同士が圧着されているハガキで、ハガキ一枚の料金で、多くの情報を伝達することができるハガキです。ハガキや手紙一枚の料金というと、それほど高いとは感じない方もいるかもしれませんが、ダイレクトメールなど、非常に多くの枚数を出すとなると、一枚の金額の差が、結果的に経費に大きく関わってきます。そのため、最近では圧着ハガキでダイレクトメールを発送する会社なども増えています。また、料金のメリットの他に、内容が開封するまでわからないので秘密が保てるというメリットなどもあります。面の数は2面や3面など、さまざまなものがあります。圧着ハガキを利用する場合には、専門の印刷会社や、ダイレクトメールの発送業者などに依頼をします。料金は業者によって異なりますが、枚数が多いと単価が安くなるケースなどもあります。

以外に迷惑な圧着ハガキ

いつのころからか、圧着ハガキが普通になってきました。内容量もたくさん記載できることから、各企業などは、通信費用が抑えることが可能になり、リーズナブルな経費になるので、とても、重宝しているのではないかと思われます。受け取った側も、一瞬何かなと、角をめくって開くのが、楽しみだったりもします。結局開いてみた結果、たいして重要な内容ではないことにガッカリしてしまうことのほうが多いように思われます。ただの、宣伝広告のダイレクトメールに過ぎないからです。ハッキリ言わせていただくと、要らないです。一々開いて、結局破いて捨ててしまうことのほうが多いと考えます。すべて紙であれば、資源としてサイクル出来るので、まだマシですが、中には、ビニールコーティングを施してあるものもあり、簡単に破くことも困難で、厄介です。