圧着ハガキのメリット

圧着ハガキが非常に増えています。圧着ハガキは、専用のニスを使って、表面を圧着させることにより、通常のハガキの2倍から3倍のサイズをハガキサイズにすることができます。これに伴って、情報量も通常のハガキの2倍から3倍になります。最近は、銀行をはじめとする金融機関からの通知によく使われています。金融機関からの通知には、口座の残高や利息など、個人情報に関する内容が多いので、圧着されたことで郵送中も安心です。また、手元に郵送された時点では、中身を見ることができません。たとえば、投資信託の利息のお知らせであれば、今月はいったいいくら配当されているのから楽しみがあります。隠されている中身に対する関心がありますので、開きたくなる心理を抑えることができなくなります。これを利用して、大型のショッピングモールなどがお得意様に割引の情報を記載したダイレクトメールを送ることで、集客効果も高まります。受取人にのみお知らせしたい情報を掲載するのに最適なハガキです。

用途もさまざまな圧着ハガキ

最近は、ツヤ付きのコート紙でハガキが送られてくることが多くなってきました。特に、金融関係のハガキが多いようです。シール式になっていて、めくると重要な内容が書かれてあります。銀行関係であればローン利率や、ローン滞納のお知らせなどの具体的内容が記されています。これらのハガキは圧着ハガキと呼ばれています。先のツヤ付きのコート紙のほか、マット紙など紙質にはさまざまなものがあります。圧着ハガキの用途には、主として重要な内容を受取人だけに見せたい場合などに利用されますが、紙をめくると、めくった裏側にも情報を載せることができることから、通常のハガキの情報量の2倍分を含めることができます。一連のハガキ作成を一手に担う業者もいます。通常は一般の人が使うものではないのですが、パーティーなどの招待状のサプライズなどにも利用できます。

圧着ハガキを利用したいときは

生活の中で圧着ハガキはよく見かけるものですが、仕事で活用しようというときにどこに頼んだらいいか不明ですよね。そのままきっかけをつかめないのはいけません。何もせずに始められなくて困ってしまうという状況は避けたいところです。そういう時はインターネットの圧着ハガキのサービスを探すといい結果を招くことでしょう。自分の気に入ったサービスを見つけるためには、それに関するサイトを数多く見ていくことも必要です。サービス内容を明記しているサイトで、かかるコストのことなど、実際の数字をつかまなくては比較になりません。前もって数字をつかんでおいて検討することが望ましいでしょう。メールなどで詳細を問い合わせてみることも視野に入れなければいけませんよね。いろいろサイトを見ていって、見逃しがないように考えておきましょう。