圧着ハガキを利用するメリットとデメリット

圧着ハガキを利用するメリットとデメリットについて、考えてみることにします。そもそも圧着ハガキというのは、どういったハガキのことを指すのかですが、これは、よく郵便ポストで見かけるハガキであります。例えば、携帯電話料金の請求の通知書や公共料金の請求の通知書などに用いられていますので、多くの方は頻繁に目にします。これらの通知書は、2つの紙の内側に特殊な糊を塗って圧縮していますので、第三者に個人情報を盗み見られる心配がいらないというメリットがあります。また送り主側にパスワードといったかなり重要な個人情報を記載する際に、こうしたハガキを用いると第三者から盗み見れないため、確実に送り主だけに通知することができます。では、デメリットは何かを考えてみます。圧着ハガキのデメリットは、通常のハガキよりも多少郵送コストがかかることです。少数送るのであれば、それほど郵送コストを気にしないで良いかもしれませんが、大量に送るとなると郵送コストが膨らんでしまいます。

圧着ハガキを制作業者に依頼するメリット

圧着ハガキを制作する専門の業者をインターネットで検索すると、かなりの数の業者が見つかります。業者によって、価格やサービス、実績などが異なりますので、依頼する際にはよく検討する必要はあります。圧着ハガキを専門業者に依頼して製作してもらうと、メリットが生まれます。圧着したハガキは、通常のハガキよりも情報量が多く載せられるため、1枚あたりのコストを節約することができます。また、自社で圧着したハガキを作成するとなると制作する設備や人件費がかかることによって、コストの増大を生んでしまいます。ですから、その道の専門の業者に依頼してしまった方が制作設備や人件費がかからないため、コストを安く抑えることができるようになります。つまり、企業側の経費削減に繋がるというわけであります。これが、専門業者に依頼するメリットであります。

圧着ハガキを使うメリット

圧着ハガキは意外とよく目にします。どんな時に送られてくるか想像してみると、よく利用する店から安売りの情報を掲載している広告であったり、銀行から現在の取引状況など個人情報に関する郵便物である場合もあります。広告として圧着ハガキを使う場合、通常のハガキよりも多くの情報量を掲載することができるというメリットがあります。人間は隠されていればそれを見たいという欲求が芽生えます。よって高い確率で中の広告には目を通してもらえるでしょう。また、金融機関の口座取引状況など機密性が高い情報は本人以外に知られてはならない情報です。郵送中においても人の目に触れることの無いよう気密性を保たなければなりません。それを実現できるのが圧着ハガキです。このような情報を扱う企業はたくさんあるので、多くの企業にとってこのタイプのハガキは必需品です。